ロスト・ワールド -ジュラシック・パーク2- The Lost World: Jurassic Park

画像表示切り替え

Amazon で ロスト・ワールド -ジュラシック・パーク2- を買う

監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:ジェフ・ゴールドブラム.ジュリアン・ムーア.ピート・ポスルスウェイト.アーリス・ハワード.リチャード・アッテンボロー
時間:129分
公開:1997年
ジャンル:
SF恐竜

コメント一覧

石田憲司 | 簡易評価: まあまあ | 見た日: 2015年05月08日 | 見た回数: 3回

前見た時よりはマシに感じましたが、やっぱりパークに入る一般人が自分だったら。的なワクワク感はもうなくって、単なる恐竜島に知らない人たちがなんかボカスカやってる。に見えちゃって遠い世界に感じちゃう。

これならいっそ舞台はアメリカに移しちゃって、今度は勝手に増えてる旧ジュラシック・パーク島の恐竜たちを捕獲しては米国内ジュラシック・パークで飼育。客も見に来てる中それがトラブル・・・見たいな感じにしてくれりゃ、その感じも残っただろうに。そういや「ジュラシック・ワールド」の予告では開演してたな。そんな感じなんだろうか??

vs恐竜という点に関しても別段悪いとは思わないし、アメリカに連れてってもいいとは思う。柴田さんが書いてるとおり、町中にいるのはそれはそれで絵になってるしね。
なんだけど、やっぱり動物園・サファリパーク感がない分、身近に感じないというか、ちょっと遠くなったというか・・・その辺が前作よりも落ちるように感じるよういんなんじゃなかろうか?

追記:軍隊とかハンターとかもいらなくて、基本民間人と知識を持った博士たち。くらいがバランスいいけどね。うーん。やっぱり前作いいよなぁ。

柴田宣史 | 簡易評価: おすすめ | 見た日: 2008年08月08日 | 見た回数: たくさん

ヒット作の尻馬にのった続編はたたかれやすいもので、この映画も典型的にソレなのだが、ティラノサウルスを都会に連れて行ってくれたことだけで、僕は大満足の一作。そこがいやなのだ、という人がいるのもわからなくはないけど。

人間というのは適応が早いというか、すぐに昔のことを忘れるというか、新しい環境に身を置くと、わりとすぐに昔のことを忘れてしまう。僕の生まれた土地は田畑が多いところだったが、市街にすむようになって、コンクリートに慣れると、もののサイズや価値観が、やっぱり都会にチューニングされていることを深く感じることがある。その都会に、一頭のティラノサウルスを置くことで、すごい勢いで、僕の中の都会の物差しが相対化されていく。このジェットコースター感がたまらなくよい。

なんにせよ、よい監督に作ってもらってよかったです。

リンク