ジュラシック・ワールド/炎の王国 JURASSIC WORLD: FALLEN KINGDOM

画像表示切り替え

Amazon で ジュラシック・ワールド/炎の王国 を買う

監督:J・A・バヨナ
出演:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ジェフ・ゴールドブラム
時間:128分
公開:2018年
キャッチコピー:
生命は、新たな道を見つける
ジャンル:
アクション恐竜

コメント一覧

石田憲司 | 簡易評価: いまいち | 見た日: 2019年07月05日 | 見た回数: 1回

評判悪そうですが、そー言われてる続編映画でも「パシフィック・リム: アップライジング」だって「ミッション・インポッシブル2」だって「トリプルX ネクスト・レベル」だって良くはないのもわかるけどそれなりに楽しめるわけですわ。たとえそれが前作の残り火だったとしてもね。

ということで今作。映画館で見たかったくらいなのでどうかと思いきや冒頭の2匹の活躍は胸躍る。そうそう。この感じ。正直途中まで面白かったですよ。そら、前作の高揚感はないものの恐竜たちの救出作戦と裏切りと恐竜と噴火の2方面から追い立てられる感じとかもね。

が、なるほど、イマイチな感じわかりました。

舞台もメインの恐竜もこじんまりしてるのがとっても残念。
前作のインドミナス・レックスも人工的に作る点ではいまいちなんですけどそれでもサイズはTレックス以上。デカさですよ。デカさ。それゆえに滅んだとしてもね。
今回はサイズダウンして知性と凶暴性と俊敏性で強いのかも知れないけど、それでもやっぱりこんなでかいのが・・・という部分が後半ざっくり抜け落ちてる。

富豪の娘の生い立ちとかも「正直コレいるかなぁ?」というくらいだし、んー。ちょっと乗り切れなかったなぁ。

ここから先はお話の核心に関わる記述があります。このリンクで読み飛ばせます。あるいは次の見出しにスキップしてください。

最後の最後でTレックスが活躍(?ライオンと吠え合ったり?)してくれてるのはちょっと嬉しいけど、別段恐竜が解き放たれた世界が始まる。じゃじゃーん。みたいなのも要らないんだよなー。

隠しテキストはここまでです。

ということで、なんというか消化不良な部分は多いなぁ。とはいえ、前半パートは楽しかったし残念つけるほどじゃない気もするかなぁ。

柴田宣史 | 簡易評価: ざんねん | 見た日: 2018年12月09日 | 見た回数: 1回

けっこう「ジュラシック・ワールド」が楽しかったので、期待しちゃったんですが、もう大変つまんない。

登場人物、馬鹿ばっかだし、恐竜も決して格好良くない。

一作目の「インドミナスレックス」はまだ、ギリギリ許せた気がするのは、モササウルス効果だったか、こちらの「インドラプター」は、もおぜんぜん。なんかそういう悪役宇宙生物いたよね、って感じで、恐竜ですらない感じ。

冒頭と最後のジェフ・ゴールドプラムみたら、それだけで十分でした。

リンク