ターミネーター2 Terminator 2: Judgment Day

画像表示切り替え

Amazon で ターミネーター2 を買う

監督:ジェームズ・キャメロン
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、エドワード・ファーロング
時間:153分
公開:1991年
ジャンル:
SFアクション

コメント一覧

石田憲司 | 簡易評価: おすすめ | 見た日: 2009年06月15日 | 見た回数: とてもたくさん

いやー、いいもんですなぁ。
ターミネーター」がホラー映画を主張したくなるほどの恐怖を味わえた一流の作品であるなら、今作は父子の物語であったり、ジョン・コナー、シュワちゃん、サラ・コナーらそれぞれの成長物語としての面を持ったこれまた一流の作品に仕上げてくれてる気がします。
もちろん、T-1000がくにゃくにゃになりながらも万能に追いかけてくるのも怖いし、ちゃんと1を踏襲したテイストではあるのですが、味方もなんだか力強い(シリーズのどっかで言及)ので、その点での恐怖感は1ほどじゃないかなぁ。

それにしても同じ素材でも監督が違うとこうも違ったものになってしまうのか。としみじみ今作を思いつつ「ターミネーター3」を思い起こしていました。今作見ると改めて若干の(若干かな?)薄っぺらさがねー。

次作「ターミネーター4」はどうなんでしょねー。ちょっと期待はしているものの、監督はMcGという「チャーリーズ・エンジェル」シリーズしかか作品知らない人。大作の続編は元の人にやらせた方がうまく行くんじゃないのかなぁ。
※「エイリアン」1→2とかうまく行った例もありますね。他になんかあるかな?

柴田宣史 | 簡易評価: おすすめ | 見た日: 2008年06月30日 | 見た回数: とてもたくさん

これも何回見た映画だろう。1作目、母親がマイケル・ビーンのファンだったので横でみたが、ターミネータがとても恐ろしかったのが印象的だった。その彼が味方にまわったとき、1作目の恐ろしさを、こんどは自分たちの力にできる、という雰囲気がみごとに描かれ、伝わってきた。
最後にぼろぼろになった状態で I need a vacation というターミネータは、もうもはや人のようで、論理性だけで溶鉱炉に身を投げたようにおもわせず、そのシーンは忘れられない。

尾内丞二 | 簡易評価: おすすめ | 見た日: 2008年06月30日 | 見た回数:

リンク

同じ監督が撮っている映画