007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale

画像表示切り替え

Amazon で 007 カジノ・ロワイヤル を買う

監督:マーティン・キャンベル
出演:エヴァ・グリーン、マッツ・ミケルセン、ダニエル・クレイグ
時間:145分
公開:2006年
キャッチコピー:
最初の任務は、自分の愛を殺すこと。
ジャンル:
スパイ

コメント一覧

石田憲司 | 簡易評価: おすすめ | 見た日: 2009年01月30日 | 見た回数: 3回

敬遠していた007シリーズを見直させた本作。「バットマン」(ティム・バートンを中心に)シリーズから「バットマン ビギンズ」への転換と同様に、そうそう。求めてたのはこういうやつなんですよねー。と改めて思わせる何かがあります。
ダブルオーになったばかりの彼ですが、従来持っていたなよっとやらかい印象を一新してくれた気がします。スパイには7つ道具が必要だ。とか、ボンドカーはスーパーで飛んだり潜ったりしなければならない。ボンドはスーパーマンなので、どんな窮地も涼しい顔でやすやすと踏み越えてゆく。待ってるのはボンドガールとのラブシーンだぜ!ということも無いんです。従来の007ファンにとっちゃ、それこそが007たるゆえんではないか。という方もいるかもしれませんが、ええ、変化球なんぞいりません。男は黙ってど真ん中直球勝負です。
冒頭のチェイスシーンからして引き込まれるんですが、ポーカーのシーン等、改めて見ても面白かったなぁ。オープニングムービーも秀逸です。
くしくも先日見た「007 ゴールデンアイ」と同じ監督でしたね。テイストも違うし関係は無いかもしれないですが、たまたま相性がよかったということも考えられますが・・・この辺の評価は別の監督が取る続編「007 慰めの報酬」見てからの評価としましょうか。
2006年ベスト(厳密には2007年に入ってから見たけど)にしてたかな?少なくともベスト3に入れてたと思いますが。

リンク