ミッション・インポッシブル MISSION: IMPOSSIBLE

画像表示切り替え

Amazon で ミッション・インポッシブル を買う

監督:ブライアン・デ・パルマ
出演:トム・クルーズ、ジョン・ヴォイト、エマニュエル・ベアール、ジャン・レノ、ヘンリー・ツェーニー
時間:110分
公開:1996年
ジャンル:
アクションサスペンススパイ

コメント一覧

でべ | 簡易評価: まあまあ | 見た日: 2015年03月07日 | 見た回数: 未記入

「ナイト&デイ」の娯楽映画感が好きです。スパイアクション映画をとことん笑いモノにしたようなコメディを役者が大真面目に演じる。それが下手なコメディ俳優でなくて、トム・クルーズとキャメロン・ディアスなのもすごい。つまりトムさま映画のパロディをトムさま自身が演じていることになる。すごい。

で、トムさま映画のスパイものと言えば、ミッションインポシブルなんだろうけど、これをわたしは見たことがなかった。あ、ゴースト・プロトコルは見ました。楽しかった。でもいわゆるスパイものの王道たる部分を見ていなくて、パロディ元を知らずにパロディ映画を見るのはもったいないような気がしていました。いや、正確にはパロディじゃないんだけど…。

というわけでようやく1作目を視聴。

いや、まず見た理由が不順だったのだとは思う。思うが。さほど派手なトムさま映画ではなかった。あと公開から時間が経っているせいか、それともさらに古い「スパイ大作戦」のリメイクだからか、ちょっと見飽きた展開。スパイ大作戦に馴染んだ世代が公開当時に見たときは、おきまりの演出にやんややんやとなったんだろうか。べろんと顔を剥ぐところはルパン三世やなんかのことを思い出し、パーティに潜入するシーンでは「トゥルーライズ」を思い出し、データを盗み出すところでは「チャーリーズエンジェル」を思い出す。で、どれもこれも連想した作品のほうが派手派手しくて面白い。いや、地味なところがリアルなんだと言われるならまあそれでも良いのですが。でも淡々とハードボイルドなスパイ映画なら、ほかに良作があるような…。

あと話がちょっと分かりづらい。
見終わって「ちょっと聞きたいことがあるんだけど…」といくつか気になる点をとなりの丞二にたずねてみる。

「ねえ、なんでイーサンは聖書のスタンプを見てアレに気付いたの?」
「あと、最初の作戦のとき、ホテルにいってたはずのフェルプスが現場にいたの?」
「で、なんで彼が突然エレベーターを遠隔操作できたの?」
「じゃあなんでジャックは現場にいる必要があったの?」
…以下延々。

ちなみに最初の聖書のはなしについての丞二の答えは「僕もそれがよくわからん」でした…。

石田憲司 | 簡易評価: おすすめ | 見た日: 2012年06月18日 | 見た回数: たくさん

うん、なんだかんだでおもろいのだ。若いトム・クルーズが大活躍。なんだかんだで007とはちと違いますがこれはこれで面白い。

彼の代表作・・・であげるとしたら、作品の善し悪しはともかくとして、イーサン・ハントも十分に上がってくるんじゃないかなぁ。ん?あと?ほれ、「カクテル」とか「トップガン」とか「マイノリティ・リポート(これはないかな?)」とかさ。
ま、いろいろありますよ。有名(面白い作品ではない)な作品はね。彼、スターですし。

それなりにアクションシーンなども凝っていて派手な所(ほれ、宙吊りとかヘリから飛ばされるとかいろいろ)はあるんですが、どっちかというとストーリーの方に重きが置かれてるような気がするんですな。「ミッション・インポッシブル2」のせい?

ただ、若干の古さも感じてしまって、うーん。未来のスパイ道具感はどうしても薄れちゃう。その点で前より楽しめなくなってる部分もあんのかなぁ。視聴前の機体からすると、あれ?もっと面白くなかったっけ?というのも若干感じたのは事実です。

でも、おもしろいんですよ。十二分に楽しませていただきました。はい。

柴田宣史 | 簡易評価: おすすめ | 見た日: 2008年12月22日 | 見た回数: 2回

2は、どうしようもない作品だと思いますが、1はかなり楽しいと思いますヨ。ダニー・エルフマンの音楽がいいですよね。

石田憲司 | 簡易評価: なかなか | 見た日: 2008年12月22日 | 見た回数: 3回

2の出来が悪いかな。やっぱり。
うちの奥さんがこのシリーズの3が面白かったよ。という事で見に行った感想に、「よかったけど、うーん。1の方が若干面白かったぞ。」と言ってムスっとされたのを覚えています。僕の仲では別に3が悪いという事ではなくて、ほぼ同格で、2のみが箸にも棒にもかからない作品。という位置付けだったんですけどねー。
「おはようフェルプス君。テレビドラマ版を見ていないので、僕の中ではスパイ大作戦=イーサン・ハントなのだよ。それだけにキミに会えてよかったよ。なお、この記事は自動的には削除されないと思うのでそのつもりで」

リンク