クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲

画像表示切り替え

Amazon で クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲 を買う

監督:原恵一
出演:矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治、こおろぎさとみ、真柴摩利
時間:94分
公開:2001年
キャッチコピー:
未来はオラが守るぞ!
ジャンル:
アニメ(日本)

コメント一覧

柴田宣史 | 簡易評価: なかなか | 見た日: 2014年04月20日 | 見た回数: 1回

奥さんも言っていたけど、子供向けというのはちょっと難しい映画だったような気もする。

大人と戦う子供たち、という描写はたしかに楽しいのだけど、根底にあるメッセージを理解するには、30歳以上でないときびしそうですね。

というか、なんというか、映画でこんなに高所恐怖症を刺激される映画は稀だと思いました(終盤の電波塔での攻防)。あー、こわかった。

石田憲司 | 簡易評価: おすすめ | 見た日: 2008年09月24日 | 見た回数: 1回

サブタイトルの割に「アイムユアファーザー」は出てきません。
さて、親が子供に見せたくない映画上位に入るマンガ(アニメ)でありながら、なぜか評価の高い劇場版。そういう視点で子供に見せたくない番組とかはあまり区別したくない気もしてはいるんですが、
「あえて言おう。理想論である。と」。
やっぱりエッチなのや暴力的すぎるのはちょっとねー。とか思ってしまう訳ですわ。
今作に関しては確かに各方面のレビューでも取り上げられている通り、確かに大人でも楽しめ、子どもは当然楽しいぞ。という作品に仕上がっている気がします。
大人の子供化は最近の話だけじゃないとは思うんですが、お菓子が大人向けだったり、ちょっと高級な大人向けおもちゃが完売したりという昨今、どこかで、大人と子供との区別が曖昧で、子供意識のままな大人が増えている(はい、そんな代表に立候補します)のかなぁ。という風潮を取り込み、「ALWAYS 三丁目の夕日」のように、昔は良かった。と振り返るのと同時に、それで放っておかないでちゃんと次の時代についての橋渡しができているようなもってゆき方。
いやいや、実に楽しませてもらいました。お見事お見事。
0歳児の割にうちの子より移動能力が高いひまちゃんかわいいなぁ。

リンク

同じ監督が撮っている映画