マン・オブ・スティール MAN OF STEEL

画像表示切り替え

Amazon で マン・オブ・スティール を買う

監督:ザック・スナイダー
出演:ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケビン・コスナー、ダイアン・レイン
時間:143分
公開:2013年
キャッチコピー:
新スーパーマン、始動。
誰もが知るヒーローの、誰も知らない誕生の瞬間。
ジャンル:
アクションアドベンチャーアメコミ

コメント一覧

石田憲司 | 簡易評価: なかなか | 見た日: 2021年02月07日 | 見た回数: 2回

シックスヘッド・ジョーズ」の後なだけにめっちゃよく見えるんですけど、一方で物足りないと感じるのはなぜだろう?

ということで、スーパーマンですよ。とりあえず彼がいればジャスティス・リーグなんか結成しなくても一人でなんとかするんじゃね?というスペシャル・ワンな彼。

改めて見たら、(まーその前に見た映画の影響もあるけど)前より面白く見られるなー。確かに、敵も味方もちょっと強すぎて人類に出番なしなのと、派手すぎて壊し過ぎでエメリッヒぐらい被害者出てそうな感じはしますけどね。
そら、バットマン怒るわい。

ということで、キャラクターとかひととおり見たあとの2回め。結構楽しめました。割と満足ー。

石田憲司 | 簡易評価: まあまあ | 見た日: 2020年07月22日 | 見た回数: 1回

ちょびっとDCかじっとこう。ということで「ジョーカー」に続いて今度はプライムビデオで見れる無料版を何本か。の、第1段。

スーパーマンである。昔版のスーパーマン2で出てきたゾッド将軍がもうちょっといまどきなパワーでやってくるのでそこは面白い。んだけど、やっぱり、なんというかスーパーマン自身に魅力を感じないのは大きいなぁ。あと、圧倒的なパワー過ぎて、まさにゴジラ対キングギドラを見守るしか出来ない人間みたいなもんですわ。そのへんがちょっと突き抜けすぎててちょっとついていけないというのがなんともかんとも。

映画やしそれも醍醐味と言ってしまえばそれまでなんですけど、そのへんのバランスがやっぱり「ダークナイト」の絶妙なさじ加減に比べるとどうもなー。ノーランとかJJあたりに撮らせたら(ノーランは絡んでるけど)また違ったスーパーマン像が出来上がったりするのかしら?

あと、そんな数見てるわけじゃないんだけどやっぱりマーベルのほうがカラッと明るくてDCのほうがじっとりしてる感じがあるなぁ。
昔ならマーベル=セ・リーグ&DC=パ・リーグみたいに見えるんだよねー。

ということで、悪くないし、良いポイントもたくさんあるんだけど、やっぱりちょっと乗り切れなかった気がするなー。

柴田宣史 | 簡易評価: いまいち | 見た日: 2014年06月25日 | 見た回数: 1回

簡易評価は「イマイチ」だけど、気持ちを素直に表現すると、僕にとっては残念な映画でした。

エイミー・アダムスに会いたくてみたのだけど、やけにざらついた絵でエイミー・アダムスはあまり映えず、お話も辛気くさくて、スーパーマンもあんまりスーパーじゃない。敵が強いっていやそうなのかもしれないけど、「スーパーマン リターンズ」の気持ちのよい強さは全然感じない。

誕生秘話だから、それでただしいのかもしれないけど、ただしくってもつまんないものはつまんない。

ローレンス・フィッシュバーン、ラッセル・クロウ、ケビン・コストナーとそうそうたる脇役陣だけど、それぞれちょっとずつ陳腐であんまりノリきれない。あ、でもスタッフロールで、お母さんがダイアン・レインだと知ったのはびっくりだったかな。

マイケル・マンふうというか、シリアスに、重厚にまとめたかったのはわかるけど、なんか空回りして眠い。

全体的にザック・スナイダーの悪い面に出会っちゃったな、という印象の映画でした。「300」とか大好きなんだけどな。

あと、馬鹿丸出しに見えるから「周期表にない物質」っていうのはやめましょうよ。ホントに(「バトルシップ」とかね)。

リンク