バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 Batman v Superman: Dawn of Justice

画像表示切り替え

Amazon で バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 を買う

監督:ザック・スナイダー
出演:ベン・アフレック、ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス、ジェシー・アイゼンバーグ、ダイアン・レイン
時間:152分
公開:2016年
キャッチコピー:
世紀の対決。
ジャンル:
アクションアメコミ

コメント一覧

柴田宣史 | 簡易評価: まあまあ | 見た日: 2016年11月05日 | 見た回数: 1回

ジェシー・アイゼンバーグはよかった。

前作(「マン・オブ・スティール」)に引き続く配役を揃えたのは偉いけど、エイミー・アダムス……、うーん。このシリーズではイマイチなんですよね。

ただの金持ちのおっさん(「バットマン」)と強い宇宙人(「スーパーマン」)が、どう戦うのかを見たくて借りたのですが、まあ、やっぱりクリプトナイトなんですね。水戸黄門の印籠のように、これはカタにはまってるんですねえ。

「ジャスティス・リーグ(っていうのかな)」のバットマンは、マーブルのアレの、「アイアンマン」の立場に近似なのかしら。いいおっさんになったバットマンはなかなかよかったかしら。というか、バットマン、灰色ベースのスーツでもけっこうかっこよくなるものなんですね。

でべ | 簡易評価: なかなか | 見た日: 2016年09月19日 | 見た回数: 1回

はじまりの物語だからってのもあると思いますが、良かったですよ。
丞二はジェシー・アイゼンバーグくんのレックス・ルーサーを楽しみにしてたみたいですが、今回はバットマンとスーパーマンの関係構築と、このあと続くであろうジャスティス・リーグシリーズへの布石が主題で、ヴィランとしては期待したほど活躍しなかったかな。続編にも登場しそうだし、次を楽しみにしましょうか。

はなしは「マン・オブ・スティール」のラストシーンから始まります。スーパーマンが活躍している裏側で、街には甚大な被害が出て、スーパーマンの存在を疑問視する声が上がり始めます。バットマンであるブルース・ウェインの会社も悲劇に見舞われ、負傷者が出る。かたやスーパーマンもバットマンのやり方が気に入らない。

わりとブルース・ウェイン主体で話が進むせいか、スーパーマンがあまりに感情的で子供っぽく見えてしまって。記者の仕事も正義のヒーローもそっちのけで、バットマン非難にご執心。「マン・オブ・スティール」では女性ジャーナリスト気取りのロイス・レインのほうが鼻についた気がするんですが、今回は、そつなく仕事もこなせない割に、ロイスを助けることだけは忘れないスーパーマンの小物ぶりのほうが気に障ったかなあ。

リンク