インビクタス/負けざるものたち Invictus

画像表示切り替え

Amazon で インビクタス/負けざるものたち を買う

監督:クリント・イーストウッド
出演:モーガン・フリーマン, マット・デイモン, レレティ・クマロ, マット・スターン
時間:133分
公開:2010年
ジャンル:
スポーツ歴史もの伝記ドラマ

コメント一覧

石田憲司 | 簡易評価: おすすめ | 見た日: 2018年01月18日 | 見た回数: 1回

キムさんのようにマンデラ大統領やアパルトヘイトがどうこうという切り口ではなく(←理由:書けないから)、あくまで1スポーツ映画として捉えて見たんですが、いいですよねー。
別段ナショナリズムがどうこうは言わないですけど、困難な状況にある地域や国がスポーツの力によって勇気をもらって、でもって逆にそのスポーツが地域や国の力によって勝利していく。みたいなのん。
思い起こせば阪神大震災後のオリックス(イチローいたね)の優勝だったり、東日本大震災後のなでしこジャパンのワールドカップ優勝や楽天の優勝とかとか・・・。

いや、アパルトヘイト後のまだまだごちゃごちゃしてる国内がチームの勝利とともに一つになっていくさまや、あえてかつての迫害側の象徴だった白人チームをそのまま使った判断のカッチョ良さ、国歌なんか「ケッ」と思ってたメンバーたちの描写と決勝での国歌の力。ハカの迫力とカッチョ良さ。とか、とか、いやー、素直に楽しかったです。

金 克美 | 簡易評価: おすすめ | 見た日: 2010年08月31日 | 見た回数: 1回

イギリスにいる友人から、モーガン・フリーマンの南アフリカなまりがすばらしいと聞いていたので、ビデオがでるのを待ってました。

実話に基づいているんだけど、この映画みて、はじめて国歌ってこういう意味であってもいいよなーとしみじみしました。

何回も思うけど、ネルソン・マンデラってほんとにすごい人ですよ。考えてみれば、あれだけはげしいアパルトヘイトがあって、抑圧されていたほうが政権をとって、それで報復がおこらなかったんですから。映画にもそういう場面がでてくるけど、いじめられた相手に復習しようという気持ちは誰にもあるわけですよね。忠臣蔵なんて、その感情を「美しく」昇華させたお話しやもんねぇ。(だから年末になって忠臣蔵がもてはやされるのをみるとがっかりする)

でもマンデラはやんないの。20年以上も独房に放り込まれていた人の精神状態がこれだけ健全でいられる、それはどっからくるのだろうか、と、私にとっては、尊敬という字にこれほど当てはまる人はおらんのですわ。

リンク