ゴーストバスターズ Ghostbusters

画像表示切り替え

Amazon で ゴーストバスターズ を買う

監督:アイバン・ライトマン
出演:ダン・エイクロイド、ビル・マーレー、ハロルド・ライミス、シガニー・ウィーバー、リック・モラニス
時間:107分
公開:1984年
ジャンル:
ホラーコメディ

コメント一覧

石田憲司 | 簡易評価: おすすめ | 見た日: 2015年09月19日 | 見た回数: たくさん

妖怪ウォッチの影響で若干雰囲気は知っている模様なので、本家のマシュマロマンを見ようじゃないかと観始めたんですが、娘にとっちゃ「ウィスマロマン」こそ真実で、まねっこがマシュマロマン。という悲しい現実。

そこそこ楽しみはしたようですが、ラストバトルもあまりにあっさりしすぎていて「もう終わり?ふつーやな。」ですって。
ちきしょ、面白いんだぞ。

尾内丞二 | 簡易評価: おすすめ | 見た日: 2010年02月12日 | 見た回数: とてもたくさん

僕は現在32歳。
自分ではあまり実感が湧かないが、世間的に見れば悲しいほどに『大人』と言える。

今思い返すと、子供の頃に想像していた『オトナ』はもっとしっかりした人種だったように思う。

映画に登場する大人の多くも子供の僕が考えていた『オトナ』と同じで、賢く、それが本当に正しいかどうかは判らないが“説明のつく判断基準”を備えており、子供がそこから外れると指導を試みる存在。

…ところが実際に大人になってみると、そんな大人はそれこそ映画にしか登場しないものなのだと気づく。
周りを見渡せばどこか欠陥を抱えた“残念な大人”の動物園だ。それが現実。

しかし、子供の頃の僕が本当に憧れた『オトナ』とは、正にそういう欠陥を抱えた連中だったような気がする。
そしてこの映画に登場するのは、そんなどこか憎めない残念な大人たちばかりなのである。

例えばピーター・ベンクマン博士。

言う事もやる事もテキトーで、ガールフレンドを待ちながら公園でハトを追っ払ってたりする。
仕事もテキトーだから大学をクビになるけど『これを機会に会社をつくるぜ』とポジティブ・シンキング。でも銀行からお金を借りようにも担保がない。
瓦礫と化したデイナのマンションで『あの階段はどこへ続いてるんだ…?』と聞かれて『上だな。』と即答。

しかしこの博士。ただのダメな大人ではなく、本当は物凄く頭の回転が速いと感じる場面がいくつかある。
ゴーザの復活が迫り、ニューヨーク全体が混乱する中、市長を説得するシーンなどがそうだ。

『俺たちなら、この混乱を止められる。ニューヨークを救える。…アンタが救うんだ。何万もの有権者の命を。』

い…いやらしー。

前言撤回。子供の僕がなりたかったのはビル・マーレーです。

石田憲司 | 簡易評価: おすすめ | 見た日: 2009年09月17日 | 見た回数: たくさん

何度見たかわかりませんが、やっぱりハリウッドに求めているのはこれなんだなぁ。と言う一本ですかね。何回も見てる作品なんですが、今回久々に見て、おぉ、そういやシガニー・ウィーバーじゃないか。と気づいたわけです。完全に彼女の名前は飛んでました。いやー、リプリー(「エイリアン」より)だったんですねー。

ともあれ、つい口ずさんでしまうあのテーマ曲とともに颯爽と現れりゃ、そりゃ誰も彼も入りたくなります(ならない?)。我らがゴーストバスターズ。

柴田宣史 | 簡易評価: おすすめ | 見た日: 2008年08月01日 | 見た回数: とてもたくさん

たしかこれは子供のとき、劇場に連れて行ってもらったのではないだろうか。いま思うと何が怖いのかまったくわからないが、よく食べる緑色のお化けが恐かったのが思い出せる。
あのテーマソングも、でたらめ語で歌っていたっけか、とか。

* * *

5歳の娘のお気に召したらしく、けっこう日常的に見たのですが、さいきんの名台詞。

あ、このひと「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」に出てた!

見事に映画オタクに育っていっているなあ、ト。

リンク