アイアムアヒーロー

画像表示切り替え

Amazon で アイアムアヒーロー を買う

監督:佐藤信介
出演:大泉洋, 有村架純, 長澤まさみ, 吉沢悠, 岡田義徳
時間:127分
公開:2015年
キャッチコピー:
ようこそ。絶叫のZQN(ゾキュン)パニックへ。
ジャンル:
ホラーアクションサスペンスパニックマンガ・アニメの実写化

コメント一覧

石田憲司 | 簡易評価: なかなか | 見た日: 2016年11月25日 | 見た回数: 1回

いろんなエグいものは飛び散るし、ぐちゃぐちゃになるし予想以上に衝撃的でした。漫画の実写化やしR指定あると言ってもそれほどじゃあるまい。と思ってたんですが、なるほどこれはR指定当然だ。

原作は読んでないんですけど、ゾンビっぽいのは予告編で見てまして、さて、日本が作るゾンビっぽい映画ってなんかあったかな。などと思い起こしてたんですが、いかんせんこーいうジャンル弱いもんで、全然思い浮かばず。

で、今作、いきなりこれかー。うへ。ゾンビ化した人たちやらの作りは若干しょぼかったりするんですが、ストーリー展開もキャラクターの行動も、非常に典型的なゾンビ映画でしたね。ショッピングモールに立てこもってるあたりなんかそのままではないか。

有村架純ちゃんの立ち位置がいまいちよくわかんなくって、強そうで何らかの能力もありそうなんだけど、ほとんどその見せ場もなかったんですよね。漫画だともうちょっとあるのかな?

大泉洋はなかなかに情けなくってかっちょいい役どころでした。これ、続編できたりするのかな?少なくともグロさや気持ち悪さはさておき、「テラフォーマーズ」何かとは違って続編作られてもおかしくはない。R指定で続編頑張れるかどうかですかね。

ということで、「ぐちゃっ」としたところが久々に見ててちょっとしんどいとこもありましたが、それでも一気に飽きさせることなくラストまで引っ張ってきたテンポの良さは立派なもんですし、ゾンビ映画のルールみたいなのはちゃんと踏襲しつつも、ビクッ。ドキッ。とビビらせてもくれたんで個人的には結構上位に来てもおかしくないゾンビ映画でした。

若干「28日後...」とか思い出しましたかね。

リンク