スーサイド・スクワッド SUICIDE SQUAD

画像表示切り替え

Amazon で スーサイド・スクワッド を買う

監督:デヴィット・エアー
出演:ウィル・スミス、マーゴット・ロビー、ジャレッド・レト、ジョエル・キナマン、ジェイ・コートニー
時間:123分
公開:2016年
キャッチコピー:
世界はこいつらに
託されてしまった!
ジャンル:
アクションアメコミ

コメント一覧

石田憲司 | 簡易評価: まあまあ | 見た日: 2020年08月03日 | 見た回数: 1回

ハーレイ・クインは素晴らしい。さすがは彼女だけ続編が作られるし、つかはワンダーウーマンと対決してくれたら嬉しいんだけどなーと思わせることだけはあるいいキャラ。

が、そこはかとなく漂う「ファンタスティック・フォー」感。なんだろう。賛否あるにせよ、バットマンvsスーパーマンはしっかり作ってたんだなぁ。と感じる。んー。なんかショボいというか物足りないんだよなー。

どっかで見たような”最強の”エンチャントレスの暴走とかも悪くないはずなんだけど、ほれ、さっきまでスーパーマンだのドゥームズデイダノを見てたわけでそれに比べると、あれ?これってそこまで強いの?と思わせる怖さ。キャラ自体は悪くないのになんだかもったいないんだよなー。

ということで、ハーレイ・クインが下駄はいてますけど、そこまで入り込める感じはなかったなー。

柴田宣史 | 簡易評価: まあまあ | 見た日: 2016年12月25日 | 見た回数: 1回

42歳、誕生日視聴。

まあ、みんなばいきんマンが好きなのね、くらいの感想。

派手な割にのっぺりした(というかつまんない構図の)画面が多くて、少々眠たい。

役者としてのウィル・スミスを見られるのがちょっと嬉しいくらいで、ヴィランたちが、なんちゅうかそれほど想像を上回ることがなくて、そんなにノレませんでした。

風邪引きだったからかな。

敵役の女魔法使いが、「クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア」のアリーヤみたいにくねくね動くのが面白かったかな。

リンク