レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- RED CLIFF: PART II / 赤壁:決戰天下

画像表示切り替え

Amazon で レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- を買う

監督:ジョン・ウー
出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ
時間:144分
公開:2009年
ジャンル:
アクション歴史ものドラマ戦争

コメント一覧

石田憲司 | 簡易評価: まあまあ | 見た日: 2012年09月18日 | 見た回数: 2回

では実戦編。とばかりに始まるわけですが・・・前編に関してはそんなに感じない長さですが、今作の前半がちょっとだるくて、早いとこ本番に突入してもらいたい気分でいっぱいになります。
特に女の子の活躍部分(スパイ活動)は別にイランのでは?とか、ちょっと思ってしまう。いや、まぁ、中国(かな?)を代表するじ若手女優やし、それくらいは出しておかねば。ってのも分かるんですが、削れるとこは削って、矢を集めるとことかの重要なポイントに絞って作ってくれたらそれはそれでよかったんじゃないかとも思うんです。はい。
ほれ、あの子は一応劉備と結婚して・・・みたいになる人物でしょ。劇中で劉備をのしちゃう所。あれで充分役目を果たしたと思うんやけど・・・だめ?

ただ、難癖つけようがなんだろうが、戦が始まってしまえば、心も踊るし、ワクワクしちゃう男の子心。大変満足な5時間でしたよ。はい。

いやー、でもまぁ、総じて5時間、楽しく過ごせました。はい。

石田憲司 | 簡易評価: まあまあ | 見た日: 2011年02月08日 | 見た回数: 1回

未来への最終決戦ってのは多分日本向けのサブタイトルですよね。「クローバーフィールド / HAKAISHA」以上にセンスの無さを感じますなぁ。普通に2にしときゃいいのに。

本編自体はむむ。いいじゃないですか。面白かったですよ。さぁ、赤壁の戦い本番スタート。前作終わった時にゃ、あと戦いしか残ってへんがな。とか思ってたんですが、いやはや、そういや、矢を集める話とかいろいろありましたね。

どっちかというと関羽だの張飛だのといった三国志演義の主役格の活躍は少なめ。諸葛孔明・周瑜・孫権らがメインでしょうか。そのあたりは全編と比べるとちょっと物足りない。やっぱり映像的にあの超人的な戦いの姿とかみたいじゃないですか。ちなみに、趙雲は期待通りの活躍しをしてくれるんでその点では問題ないですよ。

見所である赤壁の戦いに関しては派手で、お?ノルマンディーかい?などと「プライベート・ライアン」を想起させる何かもありましたし、さすがはジョン・ウー。というくらいタップリと火薬も使用してくれますしね。
おかげで中村獅童は吹っ飛ばされてしまいました。ちなみに彼って、オリジナルキャラだったみたいですね。ふーん。甘寧役がいなかったから?

タケーシカネシーロも孔明として様になってたし、意外に曹操だって単純に悪人じゃない描き方。なかなかに楽しく見ることが出来ました。満足満足。

リンク