サブウェイ123 激突 The Taking of Pelham 1 2 3

画像表示切り替え

Amazon で サブウェイ123 激突 を買う

監督:トニー・スコット
出演:ルイス・ガスマン、デンゼル・ワシントン、ジョン・タトゥーロ、ジョン・トラボルタ
時間:106分
公開:2009年
ジャンル:
サスペンスリメイク

コメント一覧

柴田宣史 | 簡易評価: まあまあ | 見た日: 2010年03月13日 | 見た回数: 1回

ザ「まあまあ」映画。生涯映画視聴本数が500本を超える人クラスだったら、とくに意外だったり新しい感じを受けることはないでしょう。よくある話ですよ……とか、書き出そうと思ってたんですが、念のためWikipediaを見てびっくり。なんとリメイク3回目の名原作でしたか。

ぱっと思い浮かぶのは『恐怖の町(「SF/ボディスナッチャー」等)』ですが、リメイク3回もしている原作ってそうそうないですよね。

見ているときに自分の読解力が足らず、説明をしてもらってよさがわかる、という体験がない訳ではないけれど、でも、本作は、この手のあと付けの知識で面白くなるかってえと、それほどでもない。

トニー・スコットっぽいのを見たい、トラヴォルタンな雰囲気に酔いたい、ということでなければ、それほどでもないかなー。デンゼル・ワシントンはたしかに男前ですが、ちょっとデンゼルの無駄遣いかなという感じも。「マイ・ボディガード」や「デジャブ」くらいこってりとデンゼルだとたのしいのですが。

上述のとおり、トラヴォルタはいいかんじなんですが、うちの奥さんは識別できてませんでした。あれだけ映画見てんのに、とおもうと理解に苦しむが、でべもゲイリー・オールドマンの区別がつかないっていってるし、そういうこともあるのかな。僕も長年、大山のぶ代と大竹しのぶの区別つかなかったし。

リンク