ターミネーター:ニュー・フェイト Terminator: Dark Fate

画像表示切り替え

Amazon で ターミネーター:ニュー・フェイト を買う

監督:ティム・ミラー
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、マッケンジー・デイヴィス、ガブリエル・ルナ、ナタリア・レイエス
時間:129分
公開:2019年
キャッチコピー:
時代は変わった。運命はどうだ。
ジャンル:
SFアクション

コメント一覧

柴田宣史 | 簡易評価: おすすめ | 見た日: 2020年07月12日 | 見た回数: 2回

なるほど、これが「ターミネーター2」の続編か。

いや、よくできてた。「ターミネーター:新起動/ジェニシス」が同人誌感があったのに対して、こっちは見事に本筋感のあるつくりでした。

やっぱりリンダ・ハミルトンを連れてきたのが良かったのかな。「ジェニシス」のサラ・コナーは、あれはあれで可愛かったのだけど、あのファナティックなかんじは、やっぱりリンダ・ハミルトンのほうがグッとくる印象。

I'll be backの使い方もいいし、やっぱり思い切って

ここから先はお話の核心に関わる記述があります。このリンクで読み飛ばせます。あるいは次の見出しにスキップしてください。

を殺しちゃったのは、良かった気がします。このあたりは、最終的に

ここから先はお話の核心に関わる記述があります。このリンクで読み飛ばせます。あるいは次の見出しにスキップしてください。

という構造として、「エイリアン」シリーズと似た形になったなと思います(悪い意味ではなくて)。

敵役もほどよく脅威で、楽しい映画でした。

この作品も、「ターミネーター:新起動/ジェニシス」と同じく、吹き替え箇所を確認するので一気に2度見しちゃいました。

それにしても、映像特典の俳優インタビューで、毎回、シュワルツェネッガーが言うことが同じで楽しい。

本作は、初めて、(冒頭以外)服を脱がずに、顔で演技できた記念すべき作品なんだ。

ちなみに一番盛り上がったのは、最後に「字幕 林完二」と出てきたときでしたが、けっして作品がつまらなかったわけじゃあないので!

リンク

同じ監督が撮っている映画