ミニミニ大作戦(2003) The Italian Job

画像表示切り替え

Amazon で ミニミニ大作戦(2003) を買う

監督:F・ゲイリー・グレイ
出演:マーク・ウォールバーグ、シャーリーズ・セロン、エドワード・ノートン、セス・グリーン
時間:110分
公開:2003年
ジャンル:
アクション犯罪リメイク

コメント一覧

石田憲司 | 簡易評価: おすすめ | 見た日: 2016年11月09日 | 見た回数: たくさん

崖っぷちの男」見た時に思い出したんで、見てみようと引っ張り出してきた本作ですが、相変わらずの安定の面白さ。

スティール」なんかも悪くはない犯罪テクニックを駆使するんですが、よりルパン的な明るさと軽妙さ。下準備中のワクワク感。見終わった後の爽快さなど、やっぱりこっちのほうが数段上だなぁ。

でべ | 簡易評価: なかなか | 見た日: 2012年06月30日 | 見た回数: 3回

見るの3回目くらいかな。
だんだん楽しめるようになってきた。初めて見たときは知らない役者ばかりだったけど、今ではだれもかれも顔見知りになってしまったらかもしれない。
こういう映画、なんていうジャンルなんだろうか。それぞれの役割が明確な職人たち、リーダーがいて結束したチームワーク、でっけえ仕事。そして男性ばかりの中の紅一点。クライム・アクション?サスペンス?もうちょっと狭いジャンルに当てはまりそうだ。「オーシャンズ11」「60セカンズ」…まだまだありそう。
まあとにかくそれら職人チームの泥棒もののなかでは「スニーカーズ」がいまのところ最高峰なので、いやでも比較してしまう。そして見終わる頃には本題そっちのけでいつもこう思う、「久々にスニーカーズ見たいなあ」。
あ、でも今となってはオーシャンズより好きです、軽快で。

柴田宣史 | 簡易評価: おすすめ | 見た日: 2008年11月06日 | 見た回数: 1回

2003年の石田さんのベスト作品でしたね。この映画の評価のおかげで、石田さんの審美眼(?)をあてにする癖が出来ました。気持ちのいい作品ですよね。

石田憲司 | 簡易評価: おすすめ | 見た日: 2008年11月05日 | 見た回数: 3回

誰もこのタイトルで劇場に行こうとは思わなかったんじゃなかろうか(行ったんですが)というタイトルにだまされるんですが、いやなに、なかなかに小粒でも楽しい作品です。邦題をつけた人の顔を見てみたいものです。
マーク・ウォルバーグってよく見るわりに主役を張るには、若干地味な感も否めないのはなんでかな?とはいえ、シャーリーズ・セロンやらエドワード・ノートン。さらには「ハンサム・ロブ」(ハンサム?)ことジェイソン・ステイサムと役者さんも揃っており、話も小気味よくいいテンポに楽しく犯罪行為を行う、いうなれば、実写版のルパン(三世)に近いのかなぁ。実に楽しめる一本です。
今作のオリジナル作品の方はまだ未見なので、いつか試してみたいと思います。

リンク

同じ監督が撮っている映画