ゴーン・ガール Gone Girl

画像表示切り替え

Amazon で ゴーン・ガール を買う

監督:デイビッド・フィンチャー
出演:ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリー、キャリー・クーン
時間:149分
公開:2014年
キャッチコピー:
本当に大切なものはいつも
失って初めてわかる
ジャンル:
サスペンスミステリードラマ

コメント一覧

でべ | 簡易評価: なかなか | 見た日: 2015年03月07日 | 見た回数: 未記入

丞:フィンチャーの新作見る?
で:うむ、じゃあ長いんだね。
丞:どうだろう。ええと…ああ、153分だね。
で:わかった。いいよ見よう。

というやりとりの後で覚悟を決めて見たせいか、さほど長くは感じなかった。冒頭から謎かけのような奇妙な展開に主人公が巻き込まれていく。おなじフィンチャー監督の「ゲーム」を思い出だす。
「ゲーム」同様に誰を信頼していいのか、物語が進むほどに足元をすくわれて気持ちが定まらない。人間が映画を楽しめるのは感情移入できる生き物だから、だそうだけど、うまく、うまく、照準が定まりかけたところで危うくさせる。あわれな主人公に肩入れしそうになったところで、それは主人公の視点からみた一面でしかないと思わされたり。まわりを取り巻く常識的なかしこい人たち、刑事さんや弁護士さんも、職業上の正確な対処をしているけれど、本質がどこかはわかっていない。
謎が解かれてしまったあとはすこし冗長だけど、それでもまあ、見てよかった映画でした。

最後に大事なことをひとつ。
これから見るつもりがちょっぴりでもあるかたは、絶対にwikipediaの記事は読まないでください。びっくりするほど最初から最後まで事細かにぜーんぶ書いてありますので。
これがいちばん大事な情報!