シカゴ Chicago

画像表示切り替え

Amazon で シカゴ を買う

監督:ロブ・マーシャル
出演:レニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、リチャード・ギア
時間:113分
公開:2003年
ジャンル:
ミュージカルアカデミー賞

コメント一覧

柴田宣史 | 簡易評価: なかなか | 見た日: 2009年08月08日 | 見た回数: 2回

リチャード・ギアって、なにが格好いいのかわからないけど、この映画の彼はちょっとワルくって楽しいかなーと思います。

* * *

090808 再視聴
最近、シケたできごとがおおかったので、映画くらい、あんまり冒険せずに面白いとわかっているものを見ようと思い視聴。

僕の周りでは、映画への露出度に対し、「いまいちな役者」として名を馳せるリチャード・ギアなんですが、この映画では金に汚いくせになんとなく憎めない弁護士を好演していると思います。でも、レニ・ゼルヴィガーは、主人公ですが、ちょっとぼってりした印象があるのに対して、キャサリン・ゼタ=ジョーンズがかわいいですね。

最初に見たときには、どうしても「ファミリー向け」になりがちなミュージカルというジャンルで上手にシニカルなストーリーをくみ上げたなあと思ったもんで、その感想は依然変わらないのですが、ちょっと美化がすぎたかな? もっともりあがるシーンがあったはずと待ち受けながら見たのですが、一番楽しいのは、操り人形記者会見のシーンであとは似たような盛り上がりかなーと思えてしまいました。

石田憲司 | 簡易評価: なかなか | 見た日: 2008年10月17日 | 見た回数: 3回

基本的にフランス映画やディズニーアニメなんかと似た憧れ、かつ苦手意識がミュージカル映画にはあるんですが、今作に関してはそれを意識させずに、充分歌と踊りを堪能できるんですね。この作品だけなのか、別に食わず嫌いでミュージカル物嫌いじゃないのか、その辺はよくはわからないんですが、「オペラ座の怪人」とかも平気だったな。意外と好きなのかな??まぁ、とにもかくにもレンタルビデオ店で手が伸びないジャンルではあります。冒険心が足りないだけかもしれません。
音楽的なこと、ミュージカル的なことの知識はほぼ皆無なのですが、キャサリン・ゼタ・ジョーンズのくだりが何やらかっちょよろしくて素敵です。

画面がなくても音だけで楽しめる映画ってことではもしや副音声つけたらばっちりはまったりするのかなぁ。でも、歌の最中に副音声かぶせるわけにはいかないから、そのシーン説明が難しいかなぁむにゃむにゃ。

リンク