パリより愛をこめて From Paris with Love

画像表示切り替え

Amazon で パリより愛をこめて を買う

監督:ピエール・モレル
出演:ジョン・トラボルタ、ジョナサン・リス・マイヤーズ、カシア・スムトゥニアク
時間:95分
公開:2010年
キャッチコピー:
人生のひきがねを引け。
ジャンル:
アクションサスペンス

コメント一覧

柴田宣史 | 簡易評価: おすすめ | 見た日: 2010年10月11日 | 見た回数: 1回

タイトルが「007 ロシアより愛をこめて」のパロディなのはわかるのですが、007の方を見ておらず、内容がどの程度オマージュされているのかはわかりませんが、大満足の一本でした。

リュック・ベッソン+ピエール・モレルなので、「96時間」コンビですが、いやあやっぱりマンガっぽい映画演出が好きなんだなあと。

ホラー映画のメイキングを見てると、しょっちゅう聞く台詞が、「このシーンでは、まだ姿を見せないんだ。そちらの方が、観客に想像の余地を与えて、よりおそろしくなるからね」とかいうものですが、じつはホラーなんかだとこの手はもうちょっと使い古された手なので、陳腐化してしまっています。

じゃあ、アクション映画だと。

新米スパイ(ジョナサン・リース=マイヤーズ)と敏腕スパイ(トラボルタ)のバディ・ムービー《男の友情もの》なのですが、たとえば、螺旋階段を上っていく。先輩が先、後輩が後、画面には後輩しか映らないけど、後輩は先輩が築き上げていく死体の山を追いかけていく...というのは、まあ、見たことがなくはない。本作の場合は、メイキングではこのシーンに対して「中国人の雨」という技(?)名がついていましたが、螺旋階段を犠牲者たちが降ってくるのです。

トラボルタに「チーズ・ロワイアルのために命を縮ませている」なーんていわせちゃうあたりもニヤリ。

ほかにも雨漏りのように降ってくるコカインや、無口で異様に有能なドライバ等々、90分間、たっぷりと壮快にしてもらいました。

* * *

それにしてもリュック・ベッソン、つぎつぎと作品を作り出していて偉いなあ。多作だったスピルバーグを彷彿とさせます(って、まだスピルバーグも現役だけど)。

リンク

同じ監督が撮っている映画