チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜

画像表示切り替え

Amazon で チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜 を買う

監督:河合勇人
出演:広瀬すず, 中条あやみ, 真剣佑, 山崎紘菜, 富田望生
時間:121分
公開:2017年
キャッチコピー:
行こっさ、アメリカ!
ジャンル:
コメディ青春実話

コメント一覧

石田憲司 | 簡易評価: まあまあ | 見た日: 2018年04月28日 | 見た回数: 1回

青空エール」の唯一の見どころ、応援団の吹奏楽部のパートが良かったので、応援繋がりでこちらを。昔「フレフレ少女」という、ガッキーだけが見どころの結構グダグダ映画がありましたが、こちらは実話ベースでかつ、今をときめく広瀬すずちゃんですわ。

んー。広瀬すずのキャラが立ちすぎているのか、劣化版の「ちはやふる」にしか見えない。アレのコメディパートを3割増しにして方言つけて2時間に引き伸ばした感じ。
センター交代やら挫折やら復活やらの本編の内容は至ってふつーだなぁ。

でも、良かった点があって、

・アメリカ舞台はほぼフルパート上映。

吹奏楽部なのにステージの演奏を飛ばしちゃう「青空エール」はこれを見習って欲しい。一試合分はフルで見せると迫力ってもんがちゃうがな。

・先生目線で見ると実に感動大作

途中まで、青春映画だねー。ま~ふつーだねー。と思ってみてたんですが、いざ、天海祐希さん目線でみると、監督・先生立ち位置の難しさや厳しさ。教え子の成長を見て喜べる嬉しさなど、ちょっといい感じ。

前述の「青空エール」の吹奏楽部内のパートと同様、今作の先生パートも実に良い。流石に広瀬すずちゃん外して・・・となると集客的にも厳しいのかもしれないけど、映画としてはメインストーリーをうっちゃって、こっちを本題にし他方がいい出来だっただろうに。
ぼくだったら「なかなか」くらいあげちゃうんだけどねー。

リンク

同じ監督が撮っている映画