10 クローバーフィールド・レーン 10 Cloverfield Lane

画像表示切り替え

Amazon で 10 クローバーフィールド・レーン を買う

監督:ダン・トラクテンバーグ
出演:ジョン・グッドマン, メアリー・エリザベス・ウィンステッド, ジョン・ギャラガー・Jr.
時間:103分
公開:2016年
ジャンル:
SFサスペンスミステリー

コメント一覧

石田憲司 | 簡易評価: まあまあ | 見た日: 2018年02月21日 | 見た回数: 1回

今年の2月、急に新作がNetflixで公開と話題のクローバーフィールド(別に話題じゃない?テレビCMでも見たよ)。でもNetflixやってない人はどうすんねん・・・とか思いつつ、とりあえず続編見てなかった今作。

前作とはまた違った感じで、なんだったら「ルーム」に近いだろうか?途中まではほとんど個室に3人の世界だけなので、頭の片隅で「多分その子路前作の続きが繰り広げられてるんだろうなぁ。」とか考えてました。

ジョン・グッドマンが微妙に気持ち悪さを醸し出しつつ密室生活。これ、クローバーフィールド作品だ。ってことを知らないほうが楽しめたんじゃないだろうか?
いくら外の世界を狭い窓と、あと音出しか見せないとはいえ、どうしても前作知ってると世界がそうなってることはわかるし、それだけにジョン・グッドマンの話がどれだけ本当か。なども想像できちゃう。

主人公の女の子は知らないから信じたものか信じないほうがいいものか・・・などなども楽しめるっちゃー楽しめるんですけど、前作のように見てるひとも巻き込まれる感じでやってくれてる方が驚きは大きかったんじゃないだろうか?
まぁ、その辺なんて作ってる人の戦略とかいろいろあるんでしょうけどね。

ちょっと残念だったのが前作の怪獣が本作だと若干どっかで見たことあるような(ジャケットにあるような)乗り物が出てきたりする所。
せっかくなら一瞬でも良いのでどでかいアレとか例のアレとかそういうのが見たかったかなぁ。こちとらそれが出てくるのを期待して見てたわけなんで。

ラストでラジオ聞いてヒューストンに行く辺りで、なんかクローバーフィールドじゃなく、「世界侵略: ロサンゼルス決戦」とか「スカイライン -征服-」とかがつながっていくんじゃないか。とか思い出していました。

単体で見るともうちょっと評価は高いかもしれないでき。結構緊迫感もあって面白いんですが、これはもう人によって捉え方違うとは思うんですけどやっぱり前作の印象が強すぎて、それをついつい期待しちゃうだけに肩透かし感があるかなー。

でも、なんだかんだで前作の印象が良くって、この物足りない感も手伝ってかNetflixの新作も見たくなりましたね。