囚われた国家 CAPTIVE STATE

画像表示切り替え

Amazon で 囚われた国家 を買う

監督:ルパート・ワイアット
出演:ジョン・グッドマン、アシュトン・サンダース、ジョナサン・メジャース
時間:109分
公開:2019年
キャッチコピー:
アメリカ陥落から9年――。
従うか? 抗うか?
どちらか選べ。
ジャンル:
SFサスペンス

コメント一覧

石田憲司 | 簡易評価: まあまあ | 見た日: 2022年02月28日 | 見た回数: 1回

一応宇宙ネタではあるものの、(エイリアンに支配された)国家vsテロ組織みたいな感じで、しかも国家側が悪な感じをもたせてるんでいかにうまくテロ活動を行えるか。みたいな視点に立っちゃってるのが、面白い半分、あれ?この考え方っていいんか?みたいなとこがありました。

結構リアルにテロ組織のつながりと行動が見て取れて面白かったですよ。あくまで国家側の立場のテロ対策チームリーダーが実は・・・と思いきや最後まで国家側だったので、あれ?そーいうお話理?と思ったら・・・

ここから先はお話の核心に関わる記述があります。このリンクで読み飛ばせます。あるいは次の見出しにスキップしてください。

最後の最後でのあの歩みと変化。このためだけにあれをやってきたのかー。という点はとっても面白かったです。

隠しテキストはここまでです。


エイリアンがあんまり出てこないし、地球追放とかその辺の描写はあんまりパッとしなかったけど、話の中での実際の脅威はそれに仕える国家側の人間だったりするんで、逆に良かったのかもしれない。

なんとなく、じゃ、このあとど~する?どーなる?という点では「世界侵略: ロサンゼルス決戦」をちょっと思い出しました。あれもこれも続編出たら見てみたいなー。

リンク

同じ監督が撮っている映画