聲の形

画像表示切り替え

Amazon で 聲の形 を買う

監督:山田尚子
出演:入野自由、早見沙織、悠木碧、小野賢章、金子有希
時間:130分
公開:2016年
キャッチコピー:
君に生きるのを
手伝ってほしい
ジャンル:
アニメ(日本)青春ドラマ

コメント一覧

柴田宣史 | 簡易評価: なかなか | 見た日: 2017年07月17日 | 見た回数: 1回

原作の連載開始を読んだ時に、こりゃまた少年誌で珍しいところに切り込んできたな、と思ったことを覚えています。

映画はかなりバッサリと原作を省略していますが、まあ、問題はないでしょう。聴覚障害どうこうというより、石田少年の贖罪の物語です。

「いじめる」という無自覚的な振る舞いから、「いじめられる」という自覚的にならざるを得ない経験を経ることで、石田少年は、自分は無価値であるということを通り越して、「存在しないほうがよい」という結論に至ります。

存在しないほうがいい、という仮説に立った彼は、せめて自分の存在で迷惑をかけてしまった人たちに、自分が負債を負わせたと考える人たちに、返済を試みます。

「自分がいないほうがよかった」というのは、鉄壁のロジックなので、簡単には相対化できないのですが、他者の、おなじようなロジックに出会うことで、少しずつ自分の考え方を見直してゆく……というような感じかと思います。

さておき、アニメってすごくなりましたね。手話が丁寧でびっくりしました。

暇なら見て見るといいと思いますよ。