ベイマックス BIG HERO 6

画像表示切り替え

Amazon で ベイマックス を買う

監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ
出演:スコット・アツィット、ライアン・ポッター、T・J・ミラー、ジェイミー・チャン、川島得愛、本城雄太郎、菅野美穂、小泉孝太郎
時間:102分
公開:2014年
キャッチコピー:
“優しさ”で世界を救えるか?

「あなたの心とカラダを守ります。」
彼の名はベイマックス。
人を傷つけることを禁じられた、
優しすぎる僕のロボット。
ジャンル:
アクションコメディファミリーアドベンチャーアニメ(海外)

コメント一覧

石田憲司 | 簡易評価: おすすめ | 見た日: 2016年12月24日 | 見た回数: 2回

2回めの視聴。うん。やっぱり楽しいぞ。
基本的にはスーパーヒーローロボットアニメなんですが、世間で言われてるほど、全然ハートウォーミングストーリーじゃない。なんてことはないと思うのだ。

一家に一台欲しいのは当然のこと。
寒い時にもたれかかるシーンがあるんですが、これが実に暖かそうで、ぜひやりたいぞ。

柴田宣史 | 簡易評価: おすすめ | 見た日: 2015年05月31日 | 見た回数: 1回

丞二に借りて視聴。

やあ、たいへん面白かったですよ。ヒーロー誕生ものとしてみても面白いし、石田さんが言う通り介護ロボットを戦わせてしまう妙味もなかなか。

きっと、これからも何回か見るので、とりあえず視聴記録だけとして、さらっと感想上梓しておきます。

石田憲司 | 簡易評価: おすすめ | 見た日: 2015年01月03日 | 見た回数: 1回

シンプルで王道な、さすがディズニーの安定感。なんかマーベル絡みらしく、アメリカのタイトルは「BIG HERO 6」。ということで話も後半はモロアメコミ感満載でした。

主人公の成長過程や兄弟とのつながりやらなんやらや、スポ根者なテイストの前半と、アメコミバトルものな後半との楽さというか急展開についていけない人もいるだろうなぁ。
というバランス感覚ですが、いやなに、戦わないケア・ロボットに戦わせるあたりはなかなかのもの。

ベイマックスちゃんもこれまたふわふわで、予告編や最初出てきた頃こそ、んー。なんだこの雪だるまみたいのんは。とか思ったものの、これが見てるうちに愛着が湧いてくる暖かくて柔らかい良い出来でした。
電池切れでちゃんと動けなくなったり、空気は抜けるしと、娘が笑えるポイントもあって、かつ、パパさん的にはラストのシーンでちょっと泣いちゃうくらいなのだ。
ほんともうなんでも泣けるぜ。
一応娘にはばれないように(とはいえ、ばらしちゃったけど)映画館ではこっそりとね。

いや、予備知識として、どうもアメコミみたいだぞ。とか聞かされてたんで、もしかしたら外れかもなー。「Mr.インクレディブル」も悪かないけど名作揃いのピクサーの中じゃちょッと落ちるし・・・などと思っていたこともあって、マイナススタートが功を奏しましたかね?
面白いじゃないか。

さすがに「アナと雪の女王」ほど流行らないと思うけど、見てて楽しいのはどっこいどっこいだったぞ。とか思うのでした。

リンク

同じ監督が撮っている映画