EVA<エヴァ> 2011

画像表示切り替え

Amazon で EVA<エヴァ> を買う

時間:2011分
公開:94年
ジャンル:
SFドラマ

コメント一覧

石田憲司 | 簡易評価: なかなか | 見た日: 2020年08月11日 | 見た回数: 1回

若干ローテクな部分も見て取れるのはどうしても場所柄?年代柄?
ただ、ハイテクな部分な見栄えもきれいでなかなかに悪くはなかった。

見る前になんとなくこんなストーリーかなー。という予想が2つあって、途中までストーリーAだと思いこんでたけど、実はもう一方のストーリーBの道筋だったという自分勝手ミスリードにまんまと引っかかったけど、話自体は悪くはなかったし主演の女の子も可愛らしかった。最後の最後まで引っ張ってたんですが、視聴前の想像がちょっとあたっちゃっててそーだったのか!というびっくり度合いがちょっと少なかったかなぁ。

ということで、「エクス・マキナ」にも通じる点はあるんだけど、あちらの衝撃度合いに比べるとちょっと物足りなかったかな。ただ、色々と見終わったあとにあれはどうだったんだろうか(目を閉じると何が見える?の先のラストは誰の夢?)とかいろいろ考えさせられて十分面白かったです。

ここから先はお話の核心に関わる記述があります。このリンクで読み飛ばせます。あるいは次の見出しにスキップしてください。

ちなみに途中までの勘違いはこんなの。「従兄弟の子供の可愛らしさに惹かれてた彼が、何かをきっかけにその子が死んでしまって、そっくりのロボットを作り上げる」そんな単純でもないか。

隠しテキストはここまでです。