LibreOffice 7.1以降、エラーが出て日本語パックを入れられない場合

LibreOfficeについて、7.1以降、日本語パックを入れられない状態が続いていました。

7.5まで連綿と「今度のバージョンはいけるかな?」と試すのですが、ずっと同じエラーです。

これは、LibreOffice7.Xの有効なインストールではありません。
もう一度インストーラーを実行し、有効なLibreOffice7.Xインストールを選択してください

検索すると、以下の解法がたくさんヒットしますが、ぼくには当てはまりませんでした。拡張子を表示のチェックを外して、再起動してからもダメだし、いっかいLibreOfficeを起動しないといけないのかな、といろいろやってみますが、Language Packでは、インストールできませんでした。

Finderの「環境設定」で「すべてのファイル名拡張子を表示」のチェックをはずしたらうまく行く

で、以下の手順(ダウンロードしたLibreOfficeはApplicationフォルダにある想定)。

LibreOffice Language Pack をdmgからデスクトップにコピーしたあと、

# cd /Users/username/Desktop/LibreOffice\ Language\ Pack.app/Contents/Resources
# mv ./tarball.tar.bz2 /Users/username/Desktop/
# cd /Users/username/Desktop/
# tar xvzf tarball.tar.bz2
# cd Contents/
# rsync -av ./Resources/* /Applications/LibreOffice.app/Contents/Resources/

ぼくのばあいは、これで日本語化できたみたいです。

ジャンル: Mac