スリー・ビルボード THREE BILLBOARDS OUTSIDE EBBING, MISSOURI

画像表示切り替え

Amazon で スリー・ビルボード を買う

監督:マーティン・マクドナー
出演:フランシス・マクドーマンド, ウディ・ハレルソン, サム・ロックウェル, アビー・コーニッシュ, ジョン・ホークス
時間:115分
公開:2018年
ジャンル:
コメディサスペンスドラマ

コメント一覧

でべ | 簡易評価: なかなか | 見た日: 2018年09月12日 | 見た回数: 1回

正直、もっと後味の悪いものを想像していた。陰惨な事件、不甲斐ない警察、煽るばかりのメディア。もちろんそういうものを全部ひっくるめた上でまるっとすっ飛ばして、描かれていたのは別のものだった。怒りの鋭さとその矛先、家族という奇妙な集団、そして、ひとの話に耳を傾けること。ビビって見たのがよかったのか、良いほうに気持ちが振れていい映画でした。ウディ・ハレルソンとサム・ロックウェルに感謝を。彼らが出演していなかったら、あらすじだけを読んで、見る気にはならなかったかも。

最後に引用。

大切な人を失ったとき、人は責める相手を見つけようとする。適当な相手がいなければ、自分を責めるようになる。そうしないと正気を保っていられないから。
ー『ダウントン・アビー』シーズン3 第5話

余韻のある映画はいいね。

柴田宣史 | 簡易評価: まあまあ | 見た日: 2019年03月29日 | 見た回数: 1回

じっさいはなかなか楽しんだのかも。

経験を通じて、一回で学ぶことができればドラマティックだけど、人間、なかなかそのようにできていなくって、なんだったら何も学ばない人もいるし、うまくいっても行きつ戻りつ、成長していく。

この作品でも諦念からひとつ大人のような署長以外は、短絡的としかいいようのない振る舞いをする。

でも、なんだかこの短絡さの度合いがすこし可笑しい、ふしぎなさじ加減の人物づくりを感じました。

それぞれ、役者が良かったのかな、と思います。

奥さんが言って言葉。

ラストシーン、遠くなる車、かとおもったけど、車中の様子をやるのが良いね。「道々、考えるさ」っていうの。

うん。そうおもいました。

リンク

同じ監督が撮っている映画