マラドーナ MARADONA BY KUSTURICA

画像表示切り替え

Amazon で マラドーナ を買う

監督:エミール・クストリッツァ
出演:ディエゴ・マラドーナ
時間:95分
公開:2008年
ジャンル:
ドキュメンタリースポーツ

コメント一覧

石田憲司 | 簡易評価: なかなか | 見た日: 2019年02月19日 | 見た回数: 1回

「アンダーグラウンド」くらいしか見てないんですけど、そんな監督が取り上げたドキュメンタリーの主役が彼。ディエゴ・アルマンド・マラドーナ。

僕の世代だとマイケル・ジョーダンと並んでほぼドンピシャだと思うんですけど、ジョーダンとバークレーとロッドマン足してやっと対抗できるくらいの存在感。

当時でいえば例えばプラティニがおしゃれでかっこいい。とか、ファン・バステン素敵。とかストイコビッチ最高。とか言ってましたけど、ほれ、ベタなのじゃなくってちょっと別角度で攻めたいお年頃じゃないですか。

ただ、別格なのは彼一人。過去最高のサッカー選手としてペレと比較されたりもするんですけど、正直ペレはよく知らないし、時代が時代なだけにどうしてもこちらに軍配が上がるんじゃないかしら。イングランド戦の山本さんの解説もい~ですよねー。

薬物やらマフィアとのつながりやらドタバタ劇もあればドーピング疑惑(本人ははめられた。って言ってるけど)やら話題に事欠かない。激太り?取材陣をエアガンで打つ?ま~とても優等生とは言えないけどとにかく印象深いんですよ。ピッチ内外にかかわらず。

映画中に流れるプレーシーンのかっちょいいこと。繰り返し流されるイングランド戦の伝説のゴール。神の手の映像は多分なかったように思えるけど、このへんは何かしらの配慮とかあるのかねぇ。

ものすご~く久しぶりにマラドーナのプレイを見て、やっぱしすげーなー。と感動できたし、政治的な発言の数々もらしいなぁ。だし日々、入院したりもするけれど自由気ままに楽しそうにやってるなー。ってのもわかって満足満足。