人生の特等席 TROUBLE WITH THE CURVE

画像表示切り替え

Amazon で 人生の特等席 を買う

監督:ロバート・ロレンツ
出演:クリント・イーストウッド, エイミー・アダムス, ジャスティン・ティンバーレイク, ジョン・グッドマン
時間:111分
公開:2012年
キャッチコピー:
スカウトマン、娘1人。
キャリア最後の旅に出る。
ジャンル:
スポーツドラマ

コメント一覧

柴田宣史 | 簡易評価: まあまあ | 見た日: 2018年02月17日 | 見た回数: 1回

エイミー・アダムスが視聴理由の7割。クリント・イーストウッドが3割。内容については、ああ、こういう映画あるよねという感じ。

頑固で、不器用な父と、娘の出会い直しの話なんだけど、うーん、いろいろと古式ゆかしき演出で、見ているとちょっともやもやする。

失明の危機にあるベテランスカウトマン、他者に心を開かないキャリアウーマン、将来を嘱望されたが肩を壊したピッチャー……。

まあ、それぞれがぶつかって結果的にそれなりにまとまるのですが、最初にピーナッツ売りのアルバイトが、ピーナッツ袋をほり投げるシーンで、パンチラインが全部見えちゃうんですね。

で、パンチラインが見えることは問題でない映画なんだけど、そういう見え見え感が随所にあって、徐々に心を開いていく父と娘、終わり間際の絶望的展開とか、なんだか、これまでに500回はみたような定石ばっかりなんです。

そういう気分の時に見たらよかったのだし、だいたいそういう映画なのも予想してたから、まあ、僕の問題なんかな。

ところで、原題は、Trouble with the Curve。カーブを打てない打者は作中に出てくるものの、概ね「人生の岐路のひと騒動」くらいなんだけど、まあこの邦題でも悪くないような気がしました。